SSブログ

カメラアイテム [買ったモノ]

最近は、子供優先で、自分の写真機材が刷新できませんね・・・。

まぁ、それでも、低予算で改善してみます。

まずは、アイカップを交換します。どうも、純正は、浅くて、脇から光が入り込むことがあって、ダメなんですよね。
あと、鼻がモニタに当たって、ピント位置が変わるトラブルも多々ある。

IMG_0837.jpg
これが純正品のアイカップ。

IMG_0838.jpg
深いアイカップに交換した後。このアイカップはサードベンダー製で、アマゾンでは2千円ぐらいで売っていました。EOS RPも交換しました。

長くなった分、バッグに入れにくくなりましたが、光りは入りづらくなりました。

あと、ファインダーモニタからの距離が離れて、全体が見やすくなりました。

ファインダーモニタが大きくて良いんですが、視線の移動量が大きくて疲れるのです。年のせいかな。

IMG_0899.jpg
あと、ようやく可変NDフィルターを購入しました。定価が6千円位なんですが、なぜかAmazonで9千円だったりして、買うのをためらっていました。一時的に6千円まで値下がったので、ポチりました。
これは、最大濃度にするとでるX状ムラを低減したモデル(ムラが出ない訳ではないらしい)。

ホントは、最上位のフィルタが欲しいところですが、2万円以上しますね・・・。

流し撮りの時は、明るさに応じて、NDフィルターを付けるのですが、晴天はND16だと足りなくてPLフィルターと併用し、曇りはND16かND8、夕方はPLフィルターだけ、夜は外す、と言う感じですが、雲が多い日はいちいち付けたり外したりと面倒です。

あと、NDフィルター付けると、流し撮りしかできないんですよね。

流し撮りしている時も、駐機している機体を撮影したり、場面によってはシャッター速度を上げる必要があって、そうなると、ISOが上がってノイズが多くなるんですよね。

可変NDフィルタがあれば、パッと濃度変えて、シャッター速度も上げられます。

撮影の効率が上がるというわけです。

IMG_0839.jpg
右が新しく購入した可変NDフィルターを最小にしたところ。最小はND3らしい。左がND16フィルターです。

IMG_0840.jpg
右の可変NDフィルターを最大にしたところ。最大ND32だが、焦点距離によっては、ND450まで濃くなるらしい。いい感じ。

IMG_0841.jpg
レンズに付けたところ。フィルタサイズは、ワンサイズ上り82mmになる。当然、このフィルタを付けると、レンズフードが付かない。これは困った。一応マルチコートされているのだが、逆光時はハレーションがでるのは予想がつく。こんな長いと、ハレキレもできず、これは困った。

IMG_0842.jpg
それで、82mmのねじ込み式のレンズフートが、Kenkoから発売されていたので、買ってみたら、なんと短い・・・。使えなくはないが、短すぎるだろう。深い奴は他メーカーからあるが、やたらと高い・・・。

それで、レンズフードのエクステンションを作ってみることにしました。

久しぶりにDIYをします。GWの初日はこれを作ってました。

IMG_0847.jpg
見まわしたら、1.5Lのペットボトルが丁度良さそうなので、適当に切って、ペーパーを掛けます。

IMG_0848.jpg
100円ショップで買ってきた、つや消し黒を内側に塗ります。

IMG_0849.jpg
遮光性を高めるために、アルミテープを張ります。アルミテープも100円ショップで購入してます。台所用品ですね。

IMG_0850.jpg
レンズに装着したところ。内側にスポンジシートを張ったりしてサイズ調整しているので、そのまま、はめ込みます。多少動くので、実際に使う時は、マスカーテープ等で固定します。

特にケラレルこともなく良好です。このままでも良いんですが、少しかっこ悪いです。
まぁ、銀色の方が直射日光に当たっても熱くなりにくくなるメリットはありますが。

IMG_0853.jpg
またまた100円ショップで、カーボン柄のリメイクシートを買ってきます。つや消し黒を塗っても良いですが、アルミテープの上だと剥がれそうなので、シートを張ります。つや消し黒とか、白色と迷いましたが、カーボン柄がかっこよさそうです。

IMG_0854.jpg
カーボン柄になりました。思ったより、かっこよく見えない・・・。もうちょっと、ドライカーボンに似せた柄が良いね。とはいえ、先の銀紙状態よりはマシです。

それで、試したのが前回記事のカートレースの写真です。

フィルター自体の影響で色味がちょっと変わるので、アレですが、期待以上の効果です。数百円の費用とちょっとした手間だけで、効果が高いです。

フードを回せば、濃さが変るので、超お手軽で撮影ができます。

ただ、持ちか運びが不便です。レンズと同じ太さなので、逆さにして付けられないんですよね。
あと、ペラペラなので、レンズフード部分を持てないです。

というわけで、現在、Ver.2を作成中です。これも100円ショップ部材を使って、安く作っていて、いい感じなのですが、加工が難しくて、何度も作り直してます。もうちょっとした手間ではなくなっています・・・。汗)

できましたら、公開しますね。

nice!(23)  コメント(6) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 23

コメント 6

an-kazu

野鳥撮影者など迷彩柄を貼りがちですが、
カーボン柄もカッコいいですね〜

by an-kazu (2024-05-19 07:03) 

弐号

an-kazuさん
鳥撮る時は、迷彩がよいですね。
空港とか、サーキットとか、無機質なモノ撮る時は、カーボン柄がマッチします。
まぁ、迷彩は効果がありますが、カーボン柄は、気持ちの問題ですな。www

by 弐号 (2024-05-19 09:19) 

青い森のヨッチン

お手製のレンズフード、実用的ではないでしょうか
薄いのは仕方がないけど軽量化に寄与していると思って・・
こういうの3Dプリンタで作るとどのくらいのコストがかかるのかなぁ~
by 青い森のヨッチン (2024-05-20 07:51) 

starwars2015

フードを自分で作っちゃうなんて、スゴイですね。
すでにVer.2の作成中とのこと、楽しみです。
by starwars2015 (2024-05-20 08:33) 

弐号

青い森のヨッチンさん
薄い分軽いので、振り回しやすいですね。
そうなんですよ。こういう時に、3Dプリンタが、ものすごく、欲しくなりますね。
安い奴は3万円位から買えますよね。でも、質が悪そうです。
モデリングソフト導入したりと、面倒そうなんですが、ちょっとした小物が作れるのは良いですよね。
by 弐号 (2024-05-20 21:29) 

弐号

starwars2015さん
ふふ。

Ver2は、コストをかけてます。とはいえ2千円位ですが。
内側は起毛処理して、外側は合皮仕様ですよ。

ふふふっ。
by 弐号 (2024-05-20 21:33) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント