So-net無料ブログ作成
買ったモノ ブログトップ
前の5件 | -

LEDライト [買ったモノ]

本当は3連休は家族で温泉に行く予定でしたが、台風でキャンセルしました。
台風はすごかったですね。窓ガラスが風で歪んでいるのが判って、いつ割れるかヒヤヒヤして昨日は過ごしました。

横浜や都内の影響が心配されましたが、意外とその周辺の被害が多かったですね。被災された方にはお見舞い申し上げます。

さて、先日、久しぶりにLEDライトを買ってしまいました。
Amazonを眺めていたら、単三電池1本で駆動し、650ルーメンとな。しかも、1,980円。思わずポチっとしてしまいました。

EOS M2_102_2361.jpg
購入したのは LUMINTOP Tool AA 2.0 という名前の中華製なライト。かなり、品質が良いです。中華製の低品質というのは過去の話になってきてますね。

EOS M2_102_2366.jpg
単三電池2本を使う、ミニマグライトとの比較。このミニマグライトはLEDで77ルーメン。ちなみに、ミニマグライトプロというのもあるようで、226ルーメンあるそうです。

EOS M2_102_2363.jpg
アマゾンのニッケル水素電池を入れて、ミニマグライトと明るさを比較してみます。

EOS M2_102_2367.jpg
まずはミニマグライトのHiモード。真っ暗な部屋で、壁に向かって照射してます。流石に綺麗な配光です。ミニマグライトも同じアマゾンのニッケル水素電池を使っています。露出はF2.8、1/80秒、ISO100で固定です。

EOS M2_102_2369.jpg
LUMINTOP Tool AA 2.0のLoモード。画像は真っ暗ですが、暗い中で手元の地図を読むには丁度良い明るさです。

EOS M2_102_2370.jpg
LUMINTOP Tool AA 2.0のMidモード。道を照らすぐらいならば良い感じです。

EOS M2_102_2371.jpg
LUMINTOP Tool AA 2.0のHiモード。壁紙の模様がはっきりとわかります。暗い中、探し物ができる明るさです。

EOS M2_102_2372.jpg
LUMINTOP Tool AA 2.0のTurboモード。かなり、明るいです。中心部は露出オーバーになっています。点灯時間が極端に短くなるので、一時的に遠くを照らす時に使う感じなモードです。

それで、このライトは、14500サイズ(単三サイズ)のニッケル水素電池が使えます。これを使うことで、650ルーメンの明るさになるとか。

EOS M2_102_2355.jpg
それで、試さないわけにはいかず、同時に、14500サイズのニッケル水素電池も購入しました。

EOS M2_102_2358.jpg
先日、購入した充電器はニッケル水素電池も充電できるので、これで充電します。事故防止のためほぼ空残量で、送られてきました。2,3時間で充電が完了します。

EOS M2_102_2375.jpg
これはニッケル水素電池を使ったLUMINTOP Tool AA 2.0のTurboモード。もう、まぶしいです。40Wの電球ぐらいの明るさです。が、発熱もそれぐらいあります。5分も点けていたら、素手では熱くて持てません。
電池の痛みも激しそうです。

EOS M2_102_2365.jpg
ライトに付属のデフューザーを付けると、ランタンのように使えて便利です。これ一本あれば災害時に重宝しますね。単三電池1本で使え、アルカリ、ニッケル水素、リチウムイオンと三種の電池を使えるというのはメリットが大きいです。

EOS M2_102_2374.jpg
手持ちのライトを集めてみました。車に積んでいるライトとか、他にもまだありますが、ネットではすごいライトマニアがいて、そいう方達には、まだまだ及びません。

それで、このライトは何に使うかですが、特に目的はないです。
懐中電灯を使う仕事ではないし、家具の裏に落ちたモノを照らすとか、災害時に使うぐらいですかね。
たまに付けては、「ニヤニヤ」して、片付けるという感じですね。嫁からは「キモッ」と言われる。

まっ、明るいライトは、男のロマンです。

今回の台風に備えていたのですが、使わずに済み何よりです。

それで、Amazonを見ていると、1000ルーメン以上のライトが売られていて気になるのだが・・・。

nice!(22)  コメント(4) 

充電器 [買ったモノ]

身の回りの電池を使う道具には、ニッケル水素充電池を使っています。いわゆるエネループです。

カメラ道具も、単三を使うバッテリーグリップやスピードライトなどもニッケル水素電池です。
最近はAmazonブランドのニッケル水素電池がエネループのOEMと知って、Amazon電池が沢山あります。恐らく家には40本以上あるのではないかと。

ニッケル水素電池の過去の関連記事があります。結構、充電池好きです。
https://2go.blog.so-net.ne.jp/2016-11-05
https://2go.blog.so-net.ne.jp/2014-03-29
https://2go.blog.so-net.ne.jp/2014-02-28
https://2go.blog.so-net.ne.jp/2014-02-07

当然、充電には充電池を使いますが、専用のPanasonicの充電池は4本単位でしか充電できません。
カメラのバッテリーグリップは6本使うため、2回に分けて充電するわけで、手間がかかるのです。
更にスピードライトの電池も同時充電するので、8本以上同時に充電できる充電器が欲しいと思っていました。

また、最近、使用回数により劣化している電池もあるようで、少し利用しただけで、パワーダウンするものも出てきました。
そもそも、充電池って、4本同時に使ったら、その4本を同時に使い続ける必要があります。これは、劣化した電池と新しい電池を混ぜて使うと、破裂や発火する可能性があるからです。
とはいえ、同時に使っていても、1本だけ充電時間が長かったりするので、劣化具合も電池固有のようです。

一般的に電池の劣化状況を確認するには、電池の内部抵抗を計る必要があります。内部抵抗が大きい電池は古いと判断できます。

尚、内部抵抗の大きい電池と小さい電池を混ぜて使うと、抵抗の大きい電池に負荷がかかり、発熱して破裂したりします。新しい電池と古い電池、内部抵抗が違う銘柄の違う電池を混ぜて使ってはいけないのです。

というわけで、8本以上充電でき、同時に内部抵抗が図れる充電器が欲しかったのです。
今までそういう充電池はあるにはあるんですが、4本までの充電だったり、やたら高くて手が出ませんでした。


EOSM2_102_2306.jpg
それで、先日、Amazonを見ていたら、8本充電でき内部抵抗まで測れる充電器がありました。
タイムセールで3千円ちょっとと、安く、無論、中華製。
でも、一本づつ、充電状態をモニターできます。1カ月ぐらい使っていますが、正常に使えています。表示数値に誤差があるような気がしないでもないですが、恐るべし中華製。

EOSM2_102_2309.jpg
内部抵抗も同時に計測していて、充電中の内部抵抗は高いので、満充電の状態での内部抵抗値で劣化状態を確認します。アマゾン電池の場合、100mΩ以下であれば、まだ使えると判断してよいようです。
しかも、電池の状態に合わせて、最適な電流で充電してくれるので、一般的な充電器で充電できなくなった古い電池でも充電することができます。

それで、すぐパワーダウンしていたカメラの電池ですが、この充電池で古い電池を振り分けたら、使えるようになりました。すばらしい。

ちなみに、古くなって内部抵抗が大きい電池は、その内部抵抗により定格出力がされなくなり、大出力が必要な機器には使えませんが、微小電流での利用ならば使えるようなので、TVのリモコンなどに使えそうです。

便利になりましたね。
nice!(26)  コメント(2) 

iPhone XS [買ったモノ]

どうも、天候が安定せず、なかなか、写真を撮りに行けませんね・・・。

しょうがないので、家で先日買い替えたiPhoneをいじっていました。

先日の記事に触れましたが、自分が使っているスマホであるSony Xperia XZが、突如、動作しなくなりました。

自分としては、ずっとauユーザで、モバイルSuicaを使っていたこともあるので、Android OSが前提となり、その中でも使い勝手の良いXperiaを使っていた訳ですが、iPhoneの方が使い易いに決まっているわけで、Apple PayでモバイルSuicaが使えるようになってから、いつ切り替えるか伺っていました。

そもそも、Xperiaに色々不満があったわけですが、購入してから2年が経過したら、ヘッドホンが誤動作しだし(ヘッドホンを自動判別する機能があるのですが、これが不具合を起こしだす)、そうこうしていると、妙な発熱をしたりと、辟易していたところで、今回の故障です。今思えば、これが故障の予兆だったのかと思います。

自分のスマホ使用頻度は、通勤時に音楽やブログを見たりと、それなりに使いますが、毎日、2、3時間の使用です。
同時に購入した、似たような使用頻度(毎日、子供がYoutubeを見ている・・・)の妻のiPhoneはまだまだ動いているので、相対的に、Xperiaはダメダメな印象を受けます。ソニータイマーは健在なんだな。と、思い知った次第です。
最近のスマホは平気で10万円を超えるのだから、ライフサイクルも長くしてほしいものです。

以上のような背景があり、OS乗り換えはハードルが少し高いのですが、AndroidからiOSに乗り換えました。
おかげで、Hondaのインターナビでのデータ通信が使えなくなりましたが、カーナビはGooleマップの方が良かったするので、最近は車のカーナビは使わないんで、良かったりします(カーナビメーカーはもう少し努力した方が良いと思います)。

さて、前置きが長くなりましたが、自分が買い替えたiPhoneはXSというモデルです。
特に何も考えず、小さいXSを選んだのですが、XRでも良かった気がします。

そのXSですが、カメラ機能が強化されているとのことなので、散歩カメラの代わりにならないかと、早速、試してみました。尚、XSのスペック等はここでは詳しく触れません。他サイトを参照ください。

IMG_0059.jpg
通常の写真モード。表示が良く判らないが、これが広角モードのようです。解像感もそこそこあり、背景もそれっぽくボケます。

IMG_0060.jpg
通常の写真モードの望遠側。背景のボケ感が増してます。それなりに使えそうですね。

IMG_0061.jpg
ポートレートモード。ポートレートモードは、F値を任意指定できるようです。これは標準のF4.5です。ポートレートモードでは、撮影最短距離が長くなるようで、これ以上、近づくと、「離れてください」と表示されます。

IMG_0062.jpg
ポートレートモードのF1.4です。ん?何も変わらない感じがします。どうも、このF値は、絞り優先AFという感じではないようです。

IMG_0064.jpg
ポートレートモードのF1.4で、背景を遠くにしてみました。背景はそれっぽくボケています。が、ファントムのキャノピーとノーズコーンが消えてます・・・。これはいただけないですね。質の悪い合成写真に見えます。どうもこのF値指定は、画像処理によるもので、レンズが映し出すものではないようです。被写体が消えるなんて、ポートレートでは使えないですね。
アップルサイトは、「被写界深度をコントロールできる」と書いてありますが、とんでもない、画像処理でぼかしているだけです。ただの「ボケエフェクト」なだけです。とはいえ、「光学的に制御している」とは、書いていないので嘘ではないですが、かなり、グレーな感じ。

IMG_0065.jpg
このiPhoneはポートレートモードは使わず、普通に撮るのが良さそうですね。ひょっとして、ポートレートモードは、トイカメラという位置付けなんですかね?

最近のiPhoneには、HDR機能があるようですので、これも試してみますが、使い方が良く判りません。

IMG_0067.jpg
WEBで調べたところ、「設定」アイコンで、カメラの設定で、「HDR」の項目で、「スマートHDR」がオンになっていると、iPhoneが勝手にHDR撮影してくれるようです。違いを見たいので、「HDR」をオフにして、「通常の写真を残す」をオンにします。

IMG_0066.jpg
設定で、「スマートHDR」をオフにすると、カメラの撮影画面上部に「HDR」の表示がされます(これが分かりにくい仕様だったりします)。「HDR」を無効にしたい場合は、ここをタップすると、斜線が入りHDRが無効になります。
ただ、「スマートHDR」をオフにしていても、「HDR」が表示されたり、されなかったりしていて、良く判りません。ひょっとして、iPhoneのカメラってバグだらけなんでしょうか?たまたま、「HDR」が表示されたので、これで試してみます。ひどいもんですね。自分がこの製品の検査部長なら、出荷停止にしてます。

IMG_0055.jpg
HDRなしの撮影画像。自分はよく撮るケースなので、あえて、逆光で撮ってみます。光源は白トビしています。

IMG_0056.jpg
HDRの撮影画像。ちょっと、シャープネスがきつくなったぐらいで、あまり変わらないですね・・・。白トビはなくなっていますが・・・。
しかも、HDRを明確に指定しているにもかからず、HDRで撮れたり、撮れなかったり。これもスマートに自動判別しているのでしょうか?自分にはバグにより、まともに動いていないだけな気がしてならないです。

尚、画像は、LightRoomで画像サイズを変えている以外は、何もレタッチしていません。

うーん?iPhoneのカメラってみんな使っているのでしょうか?
写真モードではそれなりに撮れるのですが、それ以外は全く良い所がないです。記録写真を撮るには良いですかね。
散歩カメラのサブぐらいには使えそうです。

やっぱり、カメラメーカーのカメラで撮るのが一番ですね。

nice!(29)  コメント(4) 

ワークライト [買ったモノ]

以前の薔薇の写真は、ホームセンターに売っていたワークライトを使って撮影していました。結構、便利です。

EOSM2_102_1563.jpg
先端にLEDライトが付いています。

EOS M2_102_1565.jpg
折り曲げて立てることができます。結構、明るいです。

EOS M2_102_1903.jpg
ちょっと、きつい明るさなので、トレーシングペーパーを貼り付けました。

EOS M2_102_1904.jpg
イイ感じの明るさです。

EOS M2_102_1905.jpg
ワークライトなので、磁石やフックが付いています。単4電池3本を使います。これで、880円と安いです。

EOSM2_102_1557.jpg
ワークライトも写真撮影に使えるなぁ。と、思っていたら、100円ショップで、こんなライトを見つけました。

EOSM2_102_1558.jpg
点灯した状態。先のワークライトより、若干暗いですが、十分使えます。こちらは単三電池3本を使います。
百均も侮れないですね。


EOSM2_102_1571.jpg
ワークライト2個を使って撮影してみました。光源としては小さいので、スポット的ですがマクロ撮影時は重宝しそうです。
ただ、片手を使うので、三脚を使えない場合は、使い方に工夫が必要です。

軽いし、薔薇の撮影に持って行ったのですが、十分使えますね。カメラバックの片隅に入れておくと良いですね。

そうそう、自転車が納品されました。来週は鎌倉に行けるかな。

nice!(33)  コメント(4) 

激安の小型カメラ [買ったモノ]

先日、AmazonでVEAMA という、良く判らない会社のカメラを購入してみました。

EOSM2_101_7560.jpg
指に乗るサイズのビデオカメラ。Amazonで2000円ぐらいで売っていて、監視カメラっぽいんですが、超小型でアクションカメラとしても使えそうです。43mmのレンズキャップと一緒に写してます。

EOSM2_101_7549.jpg
アクションカメラとして使うため、まずはクリップにタイラップで括りつけます。録画媒体はMicroSDカードで、余っていた16GBのカードを差しています。

EOSM2_101_7550.jpg
いつも使っている自転車のヘルメットに付けます。

EOSM2_101_7546.jpg
本体のバッテリーだと10分ぐらいしか録画できないので、小型のモバイルバッテリをヘルメットの後部に付けて、給電します。
このモバイルバッテリは結構古いので捨てようかと思っている奴で、これで1時間ぐらいは撮影できました。

EOSM2_101_7544.jpg
こんな感じですが、カメラと電池を付けても、重さや使い勝手は変わりないです。

で、稲村ケ崎から七里ヶ浜の国道125号線を自転車で走った動画です。


時間表示は設定で消せます。時間合わせが面倒です。これは、1時間ぐらいずれています。
720Pモードで撮影しています。ブレがひどくて、酔いそうです。ムービメーカーで編集していて、手振れ補正をかけると見やすくなりますが、画質が落ちますね・・・。

やっぱり、画質は値段なりで、1080pでも変わりません。レンズと映像素子がすべてですね。ま値段から使い捨てと考えると納得感があります。ドライブレコーダーとしては使えそうですね。

停止した状態の試写はこちら。まぁまぁ、見れます。



ちなみに、EOS M2でも録画してみました。やっぱり、レンズと映像素子ですね。


まっ、2000円で遊べるおもちゃとしては、良いんじゃないかと。
ちなみに、暗くても赤外線撮影できるようですが、暗いと、全く見えないです。

youtubeの投稿は初めてですが、動画も面白いですね。

EOSM2_101_7539.jpg


nice!(31)  コメント(2) 
前の5件 | - 買ったモノ ブログトップ