So-net無料ブログ作成

ファイルサーバ再構築 [linux]

この3連休はクリスマスでどこも混んでますね。今日は子供と温水プールにいったのですが、温泉プール施設はガラガラなのに、その近くにあるCostcoがあって、周辺の渋滞でひどいことになっていましたね・・・。
と、まぁ、クリスマスは家で家族と過ごす予定です。

さて、我が家のファイルサーバの利用量が、今年に入って90%を超えていました。もう、連写ばかりしているので、ディスク消費が増えてますね・・・。まぁ、プロの方とか、商用システムに比べれば微々たるものですが。
なんとか、年内に増量するべく、HDDを購入して、ファイルサーバの再構築を行いました。

それで、今回の記事は、Linuxやパソコンの話題です。興味ない方は読み飛ばしてください。

前回、ファイルサーバを構築したのは、なんと、5年前です
HDDのバイト単価は安くなってきていますが、扱うディスク容量も大きくなって、効率よく、システムを構築したいので、現状のシステムを整理してみました。

Network_Old.jpg
ファイルサーバは、ブログデータなど、PCやスマホ間で共有したりしますが、PC上の写真のPicture(RAWデータ)やMovie(ビデオデータ)のバックアップにも使います。

ただ、ファイルサーバは、2テラバイトのHDDを2台搭載して、片方をバックアップ用として、週1回、データを同期するようにしています。(RAIDではないです。理由は前回記事を参照。)

こうやって見ると、PictureとMovieが2重でバックアップされています。仕事柄、大事なデータのバックアップを取るという鉄則は守っているのですが、これはちょっと効率が悪いです。

また、OSのDebianもバージョン7(Wheezy)と、今年からメンテナンス対象外になってセキュリティアップデートされない、いただけない状況です。(ここ数年、仕事が忙しくて、ファイルサーバの相手をしてやらなかった・・・。)

Network_New.jpg
新しい構成では、バックアップ用HDDのみを増量して、PictureとMovieをPCからバックアップ用HDDに直接バックアップします。これで、余計なHDD使用量を減らすことができます。ちなみに、PictureとMovieのデータは1テラバイトぐらいあります。

OSは、最新のDebian 9.6(stretch)にアップデートします。

ちなみに、メインPCも500GBのSSDを増設しましす。
当初、メインPCのCドライブ(SSD120GB)も容量が足りなくなったので、容量の大きいモノを購入したのですが、データ整理したら、容量が空いてしまい、そのまま使うことにして、購入したSSDはデータ用に増設することにしました。LightroomのカタログデータやVirtualBoxでLinuxを動かすための仮想マシンデータの為に使います。

EOSM2_101_9975.jpg
それで購入したのが、このHDD(4TB)とSSD(500GB)です。SSDはアマゾンサイバーマンデーで安かったです。

そして、サーバのアップデートに丸2日かかりました・・・。Sambaの設定にハマりまして、前サーバで共有されたファイルのアクセスができず・・・。サーバ側のSecurity IDを前サーバと同じにすることで解消しました。SambaサーバでOS再構築時は要注意ですね。この辺りが参考になりました。

drive3.jpg
結果、サーバ側の空き容量が3テラバイトに増えました。

ベンチマークしていませんが、アクセスが速くなった気がします。

linux_desktop.jpg
ファイルサーバのリモートデスクトップ画面と、VirtualBoxでの画面のスクリーンショットです。
ファイルサーバ側のディスクトップはMATE、VirtualBoxのゲストOSはLinux Mintにして、ディスクトップはCinnamonにしてみました。

インターネットバンキングは、Linuxのディスクトップで行うのですが、今まではこのファイルサーバで使っていましたが、CPUはATOMなので、正直、重いです。
なので、VirtualBoxを使って、Windows上にLinuxをインストールしてこれで使います。メインPCはCore i7なので、サクサク動きます。

これで、ファイルサーバは、2,3年はもつはずです。

次はメインPCか・・・。来年以降かな。
タグ:Debian
nice!(31)  コメント(2) 

HDD入れ替え [linux]

今日はパソコンネタです。長々と書いてあるので、興味のある方だけ読んでいただければと。

server_hddsize.jpg
何気なく、我が家のファイルサーバの容量を確認してみました。
げげっ!使用率が99%になっている。ちなみに、1TBのハードディスクです。

1ヶ月前までは95%ぐらいで50GBぐらいの空きがあったのですが、最近、カメラの撮影枚数が増えているのと、カメラの画素数が増えて1枚のファイルサイズも大きくなり、使用量が急増しているようです。

70D_100__MG_1974.JPG
このままではまずいので、AmazonでHDDを購入。2TBものをシーゲート製とウェスタンデジタル製の2つ。1つはバックアップ用です。一台7,000円ぐらいです。安くなりました。でも、この値段でカメラの縦グリが買えました。縦グリは別の機会ですかね。

通常、ファイルサーバならば対障害性を上げるため、RAID 1でミラーリングするので、同じHDDを購入することになりますが、自分はRAIDを組みません。
以前の記事にも書いたことがありますが、HDD2台を別ドライブでマウントし、rsyncコマンドをcronにより週次でバックアップ用HDDへコピーします。
この方法だと、HDDのハード故障の対策の他に、誤ってファイルサーバのファイルを消しても、次のバックアップタイミングまでは復活できるメリットがあります。
また、同じメーカのモノを同時に2つ購入すると、同じ時期に故障することが多いので、メーカを分けるとことで、これを防ぐことができます。

で、HDDはサーバへの増設でなく、入れ替えにします。増設するスペースがないのと、HDDを沢山積むと消費電力も大きくなるので、24時間稼動するファイルサーバとしては電気代節約も考慮します。

70D_100__MG_1983.JPG
HDD入れ替えですが、サーバ機のHDDはリムーバブルになっているので、リムーバブルケースをはずして、HDDを入れ替えます。

70D_100__MG_1984.JPG
本体にリムーバブルケースを差し込む。当然電源はOFF状態。インターフェースはSATAなのでシステムディスクでなければ電源ON状態でも入れ替えられるようです。怖くてやったことはありませんが。

70D_100__MG_1985.JPG
HDDの入れ替えが完了しました。ケースを開けて配線の手間がなく楽チンです。

次ぎに、ファイルサーバに使っているOSも入れ替えます。今まではDebian 6(squeeze)でしたが、今年新しくDebian 7(wheezy)がリリースされているので、これに入れ替えます。

OSの入れ替えも超簡単。
ファイルサーバはCD/DVDドライブがないので、該当するCPUアーキテクチャのISOイメージをサイトからダウンロードし、USBメモリにunetbootinを使ってインストール起動ディスクを作成します。
後は、このUSBメモリをサーバに差し込んで、ブートし、インストールしていきます。
インストールは画面に従ってやるだけです。標準インストールで、ファイルサーバとディスクトップのパッケージを選び、簡単な設定ですぐ利用できます。1、2時間ですぐ起動できる状態にできます。
10年以上前は、途中でハングアップするインストーラと複雑な設定ファイルに苦労しながら1、2日作業でした。
特に、Windowシステムの設定が難解(単純に知識として疎かっただけですが)で、調べながら(ソースを見てコンパイルもしたりして)、1週間ぐらいかけて設定したものでした。

ほんと、楽になりました。これも、GNUプロジェクトなどのインターネットコミュニティによる成果ですね。

OSを入れ替えたら、後は環境ファイルやらデータを移し変えておしまいです。

server_hddsize_after.jpg
完了後のファイルサーバの使用量です。流石に1TBのコピーは一晩かかりました。当たり前ですが、もう50%の利用量になっています。

70D_100__MG_1986.JPG
さて、今度は余ったHDDはどうするかですが・・・。今まではHitach製でした。

70D_100__MG_1988.JPG
AmazonでHDDケースも購入しておきました。約1700円でした。安いです。

70D_100__MG_1991.JPG
TVの録画用にHDDケースを増設します。上が今回の増設したHDDケースです。これで、合計1.5TBになりました。

もう一台のHDDが余っていますが、こちらは古いシステムが入っているので、入れ替えたファイルサーバの稼動状況の様子をみます。問題なく、しばらくしたら、リビング用PCへ増設しますかね。

と言うわけで、夏ぐらいから気になっていたことが解決できたので、すっきりです。
前回のファイルサーバの構築から3年経ちますが、次の増設はいつですかね?その前にマザーボードの寿命がきそうです。

ディスクトップの迷走 [linux]

今回は一般の人にとっては、パソコンのどうでも良い事なので、興味のない人は読み飛ばしてください。

先日、リビング用PCの入れ替えに伴って、お遊び用PCを構築しましたが、これに入れるOSを選定していました。

OSはLinuxしか頭になかったのですが、どうやら、リビング用PCで購入したWindows7は、Windows8の優待プログラムの対象だったようで、このプログラムを使うと1,200円でWindows8のアップグレードパッケージが購入できるようだったので、つい購入してしまいました。(この優待プログラムは2013/1/31までだったようです。)

仕事上、どんなもんか知っていて損はないので、まずは、残っていたWindowsXP環境からWindows8へアップデートしてみました。

第一印象:このOSは、ありえへんわ〜。(なぜか関西弁。しかもなんかちょっと変。)

Windows8の発売後、責任者が更迭された理由がよくわかります。兎に角、使いにくい。タブレットPCを強く意識していて、ディスクトップPCのことが全く考慮されていないように見えます。

win8_Desktop.jpg
この使い勝手の悪さは、慣れの問題ではないです。しかも、優雅も微塵みないウィンドウの装飾はどうしちゃったんですかね。アクティベーションされて、後々面倒なので、ネットワークにつなぐ前に、即アンイストールしました。

一番の問題は、ディスクトップにスタートメニューに変わるランチャー機能がないことかな。よく使うアプリケーションはタスクバーにピン止めしておけば良いけど・・・。Windows8の開発者は自分でWindows8を使っていないのかな?

というわけで、Windows8はしばらく塩漬けにしておきます。

で、本命のLinuxですが、他のCentoOSとか、Suseとかディストリビューションは多数ありますが、Debian系にします。

まずは、ディスクトップ用途としては人気のあるUbuntuを入れて見ました。最新の12.10を入れて見ましたが、これがまた、使いにくくなっています。

Unityというらしいのですが、これもタブレットを強く意識したUIです。でも、Windows8よりは使いやすいので、これを使おうかと思ったら、Nautilusというファイルブラウザが使い物になりません。
MP3ファイルをファイルサーバーから大量にコピーしたらハングアップします。

まぁ、無料なのであまり文句も言っちゃいけませんが、これはいただけません。別にターミナルウィンドウを立ちあげて、コマンドラインで打てばよいが、GUIを使っていてこれはありえないでしょう。

で、本家のDebianについては、Wheezyがフリーズし昨年11月からバグ出しをしているようですので、Wheezyを入れて、少しはバグ退治に貢献してみようかと思います。

が、このWheezyについても、Gnomeシェルといって、訳のわからんディスクトップになっています。

gnome34.jpg
Debian Wheezy の標準ウィンドウマネージャー。

これも、使いにくい。リーナスさんが文句言っているのもうなずけます。

Debianの標準ウィンドウマネージャーがXfceに切り替わる可能性もあるようですが、Xfceは軽量だけど、かっこ良くありません。

そこで、自分は、KDEに白羽の矢を立てました。

KDE.jpeg
Debian WheezyのKDE

麗美なGUIと3DライクなGUIは、使っていてお遊びパソコンとしては良い感じです。

KDEが出てきた頃は、なんか重くて使いにくかったけど、最近はサクサク動いて、ウィンドウの振る舞いがCompizと似ているので、しばらくはこれを使って見ようかと思います。

しかし、なんでしょうね。みんな、タブレット型PCを意識しすぎているのでしょうか。
確かに、今後のPCはタブレット型のシェアが大半になっていくとのガートナーなんかの報告にあるようですが、もう少し落ち着いて欲しいです。

現時点で本当に使えるPCは、マッキントッシュぐらいなんでしょうかね。次はマックかなぁ。

Bunptopみたいな、面白いディスクトップが早く出てきて欲しいです。

結局、年末から延べ10回ぐらいはOSのインストールしています。うむーっ。どうりで疲れるわけだ。

debian squeeze [linux]

GWなので、少し時間の余裕があったので、家のファイルサーバのOSをアップデートしました。

我が家のファイルサーバについては、以前の記事を参考にして欲しいのですが、DebianというフリーのOSを使っています。これが、先日、メジャーバージョンのアップデートをしていました。

アップデートについては、そろそろ64Bit版のアプリも充実してきているので、64Bitカーネルを再インストールすることで行いました。
インストールはまったく問題なくできました。昔は、1週間かけてインストールしていたころが懐かしいです。

以前のバージョンであるLennyを使っていた場合、カーネルの再構築はしていないので、Youtubeを見たりするとCPU利用率が80%を越え、動画を見ながら他の作業は難しい状態でしたが、新しいバージョンであるSqueezeでは、動画を見ても20%程度の利用率になり、他のアプリを起動してもサクサク動きます。

カーネルも順調に最適化されているようです。これが無料で利用できるのだから、オープンソースコミュニティ万歳!って感じです。


20110505_debian6.01_screenshut.jpg
Compizもサクサク動きます。

タグ:Debian SQUEEZE

ファイルサーバとレグザ [linux]

夏休みに入りました。暑いですね。

ファイルサーバの構築がほとんど完了したので、今回は、東芝TVのレグザでの活用方法を紹介します。

ファイルサーバには、sambaというWindowsのファイルサーバを構築しておきます。sambaについては、他のサイトでたくさん紹介されているので、こちらをみてください。
で、ファイルサーバ上で、sambaサーバが起動したら、レグザで設定を行います。

まず、「設定メニュー」を開き、「レグザリンク設定」-「LANハードディスク設定」-「機器の登録」を選びます。

sambaサーバにユーザ認証している場合は、青ボタンで、ユーザIDとパスワードを設定します。(一度、Guestアカウントを設定して、この部分は省略したのですが、うまくいきませんでした。何か設定がミスったみたいですが、とりあえず、ユーザ設定したら接続できました。)
また、Windowsのワークグループを、緑ボタンで設定します。sambaで設定しているワークグループ名を登録します。
ユーザIDとワークグループを設定したら、赤ボタンでサーバの再建策をします。

CIMG0250.jpg

すると、サーバに設定した共有フォルダ毎に表示されるので、使いたいディレクトリを選択して、登録します。
特に設定間違いがあると、エラーが表示されて登録できません。

CIMG0251.JPG設定がうまくいくと、「レグザリンク」ボタンを押して、「録画番組を見る」を選択すると、機器選択画面が表示され、先ほど設定した共有ディレクトリが表示されます。

CIMG0252.jpg
動画ファイルが格納されている共有ディレクトリを選択すると、めでたく動画ファイルが表示されます。

CIMG0254.jpg
また、「レグザリンク」ボタンで、「写真を見る」を選び、同様に機器選択します。見たいディレクトリを選ぶとサムネイルが表示され、みることができます。

CIMG0256.jpg
これで、過去の思い出が、42インチの大画面でみることができます。子供の顔が、実物の倍の大きさで表示されます。

なお、レグザでは、DLNAサーバとの接続ができるようですが、独自仕様らしく、MediaTombなどのDLNAサーバとの接続ができませんでした。
また、SAMBAサーバを録画先に指定ができますが、いざ録画しようとするとエラーが発生して録画できません。LANのインタフェースが録画専用に接続なるため、それに接続してもできませんでした。何かあるんですかね。(素直に取扱い説明書を見ればよいのに・・・)

とはいえ、ファイルサーバに入っている膨大なビデオや画像データをテレビでアクセスできるようになりました。
今までは、箪笥の奥から埃まみれのアルバムを何冊も取り出して、る必要がありましたが、今や、思いついたらテレビのリモコンで、ちょちょいと見ることできます。世の中、便利になりましたね。長生きはするもんじゃ。